海上都市の魅力発見

豊洲市場と東京オリンピックで人気急上昇

海上都市の魅力発見

憧れの海上都市に移住しよう!

海上都市のすすめ

当Webサイトでは、埋め立てや人工島造成の歴史や詳細、海上都市に住むメリットなど様々な情報を発信しています。引っ越しを検討されている方や興味のある方はぜひ参考にしてください。お問い合わせにつきましては【コチラ】からお願いいたします。

豊洲市場がある東京都江東区

豊洲市場がある東京都江東区

再開発が進む豊洲

将来の発展を願い、豊かな土地になるようにとの願いを込めて名前をつけられた、東京都江東区の「豊洲」。もともとは工業地が中心でしたが、再開発や区画整理が進み、現在はマンションや商業施設も多く、とても住みやすい環境になっています。
豊洲には東京メトロ有楽町線とゆりかもめが通っており、都心の東京駅まで電車で15分程度でアクセスできるのも魅力。町の中心地である豊洲駅前には高層のオフィスビルが立ち並び、周囲には大規模なマンションがたくさんありますが、ゆとりをもって建てられているため、窮屈な印象はありません。また豊洲駅の近くには『アーバンドックららぽーと豊洲』という大型のショッピングモールがあり、数多くのショップの他に映画館やレストラン街も入っています。埋立地のため町中の道は平坦で、各所に公園も点在しているため、特にファミリー層を中心に人気が高まっています。東京湾を望む春海橋公園の錨のモニュメントなど、船をモチーフとした建造物が複数あり、かつて造船所があった名残が今も感じられます。東京オリンピック開催の追い風もあり、豊洲を含む湾岸エリアの開発はますます進んでいきそうです。

2018年10月に豊洲市場開場

80年以上に渡り、都民への安定した生鮮食料品の供給をしてきた築地市場に変わり、2018年10月に新たにオープンした豊洲市場。予約不要・無料の見学コースが設けられ、水産物や青果の取引を間近で見ることができるようになっています。築地市場で人気のあった早朝のマグロの競りも、水産卸売場棟で見学が可能。展示コーナーや写真スポットも各所に設けられており、観光客が存分に楽しめるようになっています。築地市場から移ってきた人気店だけではなく、これまで場外にあった店舗も一部入っており、新鮮な食材の購入はもちろん、飲食店も豊富で豊洲市場グルメを堪能することができます。豊洲市場へのアクセスはゆりかもめに乗るか、豊洲市場オープンに合わせて運行がスタートした、都営バスも利用可能です。
また豊洲市場周辺には、にぎわい創出のための『千客万来施設』と名付けられた集客施設も整備されることになっています。2020年の東京オリンピック後の着工予定ですが、着工までの期間、オリンピック関連のスポーツイベントの開催や、飲食店や物販施設のある『場外マルシェ』のオープンが予定されています。東京都は「段階的・重層的ににぎわいを創出する」としており、豊洲市場周辺の今後の発展に期待が膨らみます。

よく読まれている記事はこちら

海上都市への移住を考えた際、物件探しは絶対に失敗したくないポイントです。ここでは物件探しのコツやおすすめの物件検索サイトをご紹介していますので、参考にして憧れの海上都市への移住を成功させましょう。

記事の詳細を見る

港町である神戸市は独特の文化や温暖な気候から住みたい街として人気の場所です。その中でも東灘区には六甲アイランドがあり、住みやすい環境や交通アクセスの良さから高い人気があります。

記事の詳細を見る

海上都市の魅力発見

Copyright © 2017 海上都市の魅力発見 All Rights Reserved.