海上都市の魅力発見

日本の海上都市開発の成り立ち

海上都市の魅力発見

憧れの海上都市に移住しよう!

海上都市のすすめ

当Webサイトでは、埋め立てや人工島造成の歴史や詳細、海上都市に住むメリットなど様々な情報を発信しています。引っ越しを検討されている方や興味のある方はぜひ参考にしてください。お問い合わせにつきましては【コチラ】からお願いいたします。

人工島がつくられた日本ならではの理由

人工島がつくられた日本ならではの理由

歴史を紐解く

まずは、なぜ日本では埋め立てによる海上都市や人工島の開発が行われるようになったのか、その歴史や理由をご説明します。
人工島の歴史は古く、江戸時代には既に存在していました。当時、海外貿易のための窓口として建設された長崎の出島が有名です。明治時代になり、近代技術が日本にも取り入れられてからは港湾建設技術が確立。時代が進むにつれ、大規模な人工島開発が増えていきました。1950年頃から臨海工業地帯建設のための埋め立てが積極的に行われ、60年代に入ると神戸六甲アイランドなどの出島式人工島造成が増えました。その後も東京湾横断道路や関西国際空港など、私たちにとってなじみ深い建設物の開発が進められるようになりました。
江戸時代の出島からはじまり、戦後の高度経済成長期をきっかけに海上の埋め立て開発が積極的に行われてきました。日本は国土が狭く、開発を進めるために必要なスペースを確保することが難しかったため、全国各地に埋め立て地や人工島が相次いで建設されたという背景もあります。

役割の変化

埋め立てなどによる造成面積は1990年頃には日本の国土面積の約0.5%を占めており、現在も建設中のものが多くあり、その数は100を超えると言われています。人口島は住宅地としての利用より、工業用地や農業用地、空港などの利用が大半です。そんな人工島を面積・水深・陸地からの距離の3つの観点で見てみましょう。
まず面積の広さでは羽田空港が一番です。水深で見ると川崎人工島や木更津人工島が上位に来ます。そして陸地から遠い人口島は関西国際空港、川崎人工島、木更津人工島が代表的です。
以前までは工業地帯や港湾といった用途で建設されてきた人工島ですが、近年はその目的が変わりつつあります。人々が住み、楽しむ場所。具体的には居住エリアや生活エリアとしての機能を持った人工島の建設が進められています。

自然と共生しながら

人工島を建設するには、建設予定地となる場所の周囲に護岸を建設します。まずは建設予定地と海とを遮断していくことからスタート。護岸を建設したら、建設予定地に土砂などを投入していきます。もう一つ、廃棄物の最終処分して埋め立てた人工島もあり、東京都の夢の島や大阪湾フェニックスが有名です。国土面積が小さく海に囲まれた日本では海上に最終処分場を多く建設しました。
最終処分場の仕組みは、海の中に大きな囲いを造り、その中に廃棄物を投入していきます。囲いの中には海水が残っており(海水を抜くと海の水圧で囲いが倒壊してしまうため)廃棄物を投入した分だけポンプで水を汲み上げ、処理場で水から汚染物質を取り除き、基準値をクリアした水が海に放流されます。最終処分場は環境に負荷を与えないように、日々新しい技術が開発、取り入れられています。

よく読まれている記事はこちら

海上都市への移住を考えた際、物件探しは絶対に失敗したくないポイントです。ここでは物件探しのコツやおすすめの物件検索サイトをご紹介していますので、参考にして憧れの海上都市への移住を成功させましょう。

記事の詳細を見る

港町である神戸市は独特の文化や温暖な気候から住みたい街として人気の場所です。その中でも東灘区には六甲アイランドがあり、住みやすい環境や交通アクセスの良さから高い人気があります。

記事の詳細を見る

日本には多くの人工島が存在しますが、世界各地にも様々な人工島が存在します。古い歴史のある人工島や、近年作られた最先端の人工島など、バラエティ豊かな人工島の数々をご紹介します。

記事の詳細を見る

海上都市の魅力発見

Copyright © 2017 海上都市の魅力発見 All Rights Reserved.