海上都市の魅力発見

ユニークな世界の海上都市をご紹介

海上都市の魅力発見

憧れの海上都市に移住しよう!

海上都市のすすめ

当Webサイトでは、埋め立てや人工島造成の歴史や詳細、海上都市に住むメリットなど様々な情報を発信しています。引っ越しを検討されている方や興味のある方はぜひ参考にしてください。お問い合わせにつきましては【コチラ】からお願いいたします。

世界各地にある人工島と誕生の背景

世界各地にある人工島と誕生の背景

観光地として人気のフルマーレ

観光地として有名なモルディブにあるフルマーレという人工島をまずご紹介します。およそ4万人の人々がここで生活をしていますが海上都市としての歴史は浅く、2004年頃に人々が島に移住してきました。近年建設された人工島ということもあり、様々な最先端技術を取り入れているのが特徴です。島の電気は自然エネルギーを利用して作られており、世界的にも注目されています。観光地ということで外国から訪れる人も多く、ホテルやレストラン、そして美しいビーチを存分に楽しめるウォータースポーツなども充実。非常に人気の高い人工島です。

国際博覧会をきっかけに作られたノートルダム島

カナダ・ケベック州モントリオールにあるノートルダム島は観光名所の一つで、ジル・ヴィヌーヴサーキットやモンレアルカジノ場が有名です。1967年の国際博覧会のためにモントリオール市が地下鉄を建設。その際に掘り起こした1500万トンもの岩石を活用してできたがのが聖ローレンス川にある人工島、ノートルダム島です。

歴史のあるヴィルヘルムシュタイン

ドイツ北西部にあるシュテインフード湖に浮かぶヴィルヘルムシュタイン島は、18世紀に要塞として建設されました。敵からの攻撃から身を隠すために作られたヴィルヘルムシュタイン島は東京ドーム約11個分の広さがあり、漁師たちが少しずつ湖に岩石を落としながら約2年間かけて作られたと言われています。島へは昔ながらの帆船でアクセスします。

ワールドカップ開催地であったパール・カタール

中東カタールの首都ドーハの海に浮かぶ人工島パール・カタールは、2022年に開催されるFIFAワールドカップのために建設されました。10年間かけて建設されたパール・カタールには5つ星ホテルや高級レストラン、巨大ショッピングモール、エンターテイメント施設などがあり、世界で最も注目されている海上都市です。現在の島の人口は約12000人ですが、ワールドカップ開催に向けて数倍に増えていくと見込まれています。ワールドカップ開催時期は島全体が非常に大きな盛り上がりをみせることでしょう。

多方面の問題を抱えるトレジャーアイランド

オークランドとサンフランシスコを結ぶベイブリッジの中間にあるトレジャーアイランド。1936年にサンフランシスコの砂浜が消失の危機にあるという理由から開発が進められ、1939年に完成した人工島です。ゴールデンゲート国際博覧会が開催されたこの島は、その後海軍の所有する海軍基地になり、1997年に閉鎖されました。閉鎖後は音楽祭やフリーマーケットの会場として有名になりましたが、島は放射性物質による汚染が進んでおり、その存在を海軍が隠し続けていたという問題が発覚しました。現在は島の除染作業が進められており、今後は住宅やホテル、公園などの建設が計画されています。

よく読まれている記事はこちら

海上都市への移住を考えた際、物件探しは絶対に失敗したくないポイントです。ここでは物件探しのコツやおすすめの物件検索サイトをご紹介していますので、参考にして憧れの海上都市への移住を成功させましょう。

記事の詳細を見る

港町である神戸市は独特の文化や温暖な気候から住みたい街として人気の場所です。その中でも東灘区には六甲アイランドがあり、住みやすい環境や交通アクセスの良さから高い人気があります。

記事の詳細を見る

日本には多くの人工島が存在しますが、世界各地にも様々な人工島が存在します。古い歴史のある人工島や、近年作られた最先端の人工島など、バラエティ豊かな人工島の数々をご紹介します。

記事の詳細を見る

海上都市の魅力発見

Copyright © 2017 海上都市の魅力発見 All Rights Reserved.